フィアットとPSAがバンを共同開発

自動車 ニューモデル 新型車
フィアットとPSAがバンを共同開発
  • フィアットとPSAがバンを共同開発
  • フィアットとPSAがバンを共同開発
  • フィアットとPSAがバンを共同開発
  • フィアットとPSAがバンを共同開発
  • フィアットとPSAがバンを共同開発
イタリアのフィアットとフランスのPSAグループは、共同で開発した小型バンをヨーロッパで2007年末より発売する。生産は、フィアットとトルコのコチ(koc)との合弁会社トファス(Tofas)が担当する。

フィアット『フィオリーノ』(Fiorino)、プジョー『ビッパー』(Bipper)、シトロエン『ネモ』(Nemo)の3つのブランドで販売される。エンジンは1.4リットル・ガソリンエンジン(75hp)などを採用している。

開発と生産拠点の拡充に合計3億8000万ユーロ(630億円)の資金が投じられた。トファス社の生産能力は、年産15万8000台。
《》

編集部おすすめのニュース

特集