日本化薬6−8月期決算…減収減益 セイフティシステムズ事業は好調

自動車 ビジネス 企業動向
日本化薬が発表した2007年6−8月期(第1四半期)の連結決算は、当期純利益が前年同期比16.0%減の17億9000万円と減益だった。

売上高は同1.7%減の350億3800万円と減収だった。触媒事業はアクリル酸製造用触媒が好調だったほか、機能性材料事業も順調だったが、光学機能性フィルムなどが低迷した。

セイフティシステムズ事業は、エアバッグ用インフレータ、シートベルトプリテンショナー用マイクロガスジェネレーターが好調で前年を上回った。収益面でも増益だった。

全体の営業利益は同3.3%増の32億8900万円と増益だったものの、経常利益は同14.1%減の33億4900万円と大幅減益だった。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 新日本石油、仙台製油所高度化設備が竣工 画像 新日本石油、仙台製油所高度化設備が竣工
  • 三菱重工、エクソンモービル子会社からポリエチレンプラントを受注 画像 三菱重工、エクソンモービル子会社からポリエチレンプラントを受注
  • 信越化学、高輝度LEDに必要なシリコーンダイボンド材を開発 画像 信越化学、高輝度LEDに必要なシリコーンダイボンド材を開発
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース