横浜ゴム、ビジネスジェット向け化粧室ユニットを展示

自動車 ビジネス 企業動向

横浜ゴムは、9月3−6日に香港のアジアワールド・エキスポで開催される「エアクラフト・インテリアズ ・エクスポ・アジア2007」に出展する。展示のメインはラバトリーモジュール(化粧室ユニット)。

間口幅を従来の1.5倍に拡大し、客室と同様の窓を2つ備えるゆとりと快適性を追求した新モデルを紹介する。近年、座席数を減らし快適性を高めたビジネスジェット仕様機の需要が伸びており、新モデルはビジネスジェット仕様のボーイング『737』向けに開発した。

エアクラフト・インテリアズ・エクスポは最新の航空機用内装品・設備が一堂に集まる世界的な展示会で、毎年4月にドイツ、9月に香港で開催され、今回は約500社が出展する。横浜ゴムは2005年から毎年出展している。

横浜ゴムは航空機向けにボーイング『777』用のラジアルタイヤを製造している。またラバトリーモジュールやタンクなどの航空機用部品にも強みを持ち、ラバトリーモジュールをボーイング737向けに独占供給しているほか、飲料水用のウォータータンクをボーイング『717』を除く全機種に納入。エアバス『A380』向けには飲料水用のウォータータンク、汚水用のウエストタンクを独占供給している。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集