GMといすゞ、南米3カ国の合弁販売会社設立を検討へ

自動車 ビジネス 企業動向

ゼネラルモーターズ(GM)といすゞ自動車は、南米アンデアン3か国でのいすゞ商用車の販売強化のため、合弁会社設立を含む協業強化に合意し、覚書を調印した。

今回の覚書には、コロンビア、ベネズエラ、エクアドルのアンデアン3か国で、シボレーブランドによるいすゞ商用車の販売に特化した合弁会社の設立を検討することを含んでいる。

GMアンデアン地区統括のパブロ・ロス社長は、「いすゞとGMは、南米において長年、協業を進めてきており、この間、GMの南米工場で生産し、シボレー販売網を通じシボレーブランドでGMが販売するいすゞ商用車の販売台数およびシェアを着実に向上してきた。大きな市場成長が見込まれる南米地域において、いすゞとの協業関係を拡大する」とコメントしている。

2003年以降、2倍以上に全需が拡大した南米アンデアン3カ国でGMは2006年に1万4580台のいすゞトラックを販売し、シェアは24.7%を確保している。

GMといすゞは、同地域での販売機能を強化するとともに、『エルフ』、『フォワード』クラスのトラックを新規投入、商用車の販売台数と市場シェアを大幅に拡大する計画だ。

両社の協業検討は、2007年末までに完了する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集