安倍新内閣に張自工会会長がコメント

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会の張富士夫会長は、改造安倍内閣について「実行力があり、改革に向けた適材適所の布陣ではないかと思う」とのコメントを発表した。

支持率が低迷に悩む安倍内閣は、従来の企業に寄りの成長戦略の見直しを迫られるとの見方が主流だが、張会長のコメントでは「今後、安倍総理の果断なリーダーシップによる安定的な政権運営をもとに、日本経済のさらなる成長をはかるとともに、国民生活の視点に立ち、年金問題や税制の抜本改革などの課題解決に、内閣が一丸となって取り組んでいただくよう期待する」と述べるにとどめている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集