日産、海外生産を除いてマイナス…7月実績

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車が発表した7月の生産・販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は前年同月比3.7%減の24万9267台とマイナスだった。

国内生産は同20.9%減の8万5976台と、大幅に落ち込んだ。国内販売が低調なのに加え、新潟県中越沖地震の影響で生産が一時停止したため。

国内販売は、登録車の販売が依然として不振で同11.7%減の5万9334台だった。

輸出は同10.9%減の4万5290台と落ち込んだ。北米向け、欧州向けともに低調だった。

海外生産は同8.8%増の16万3291台と好調だった。米国は同11.4%減と低迷、メキシコも工場エリアでガス供給停止に伴う生産停止の影響で落ち込んだ。しかし、英国が同29.9%増、スペインが同13.2%増となり、その他地域も同47.3%増と大幅に増え、全体を引っ張った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集