いすゞと日野、排ガス後処理装置とキャブの共同開発で合意

自動車 ビジネス 企業動向

いすゞ自動車と日野自動車は、ディーゼルエンジンの排出ガス後処理システムと大型トラック用キャブ(運転台)を共同開発することで基本合意したと発表した。

両社は、それぞれの持つ先進技術を活用し、開発資源の効率的な運用を図ることで、今後一層の強化される各国環境規制への対応などに伴うコスト負担を軽減する。

いすゞと日野は、現在、両社折半出資による「ジェイ・バス」を通じたバス製造事業での協業しているほか、トヨタ自動車といすゞ自動車が昨年資本提携したことから、トヨタグループとして提携を模索してきた。

両社では、今後もそれぞれの顧客にメリットのある分野での協業関係を続ける一方、競争が激化するグローバルなトラック・バス市場においてお互いがフェアな競争関係の中で独自性を発揮し、持続的な成長を目指すとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集