信号無視と当て逃げを起こした警官を逮捕

自動車 社会 社会

兵庫県警は20日、乗用車で走行中に信号無視を行ったとしてパトカーの追跡を受けていた際、原付バイクに接触する事故を起こしたまま逃走していた須磨署所属の59歳巡査長を道路交通法違反容疑で逮捕した。病気療養を理由に休暇中だったという。

兵庫県警・神戸西署によると、事件が起きたのは20日の午前10時50分ごろ。神戸市西区池上4丁目付近の市道でパトロールを行っていた同署員が、交差点で信号無視をした乗用車を発見。停止を命じたが、クルマはこれを無視したことから追跡を開始した。

クルマはそのまま約1km逃走。神戸市西区伊川谷町有瀬付近の県道交差点で信号待ちをしていた原付バイクに接触。さらに逃げ続けた。バイクを運転していた53歳の女性にケガは無かったが、警察では当て逃げ事件として捜査を開始。目撃されていたクルマのナンバープレートを照会した結果、このクルマは須磨署・警務課に所属する59歳の巡査長が所有していることが判明した。

このため、巡査長から任意で事情を聞いたところ、当て逃げの事実を大筋で認めたことから、道交法違反(信号無視、事故不申告)の容疑で逮捕した。巡査長は病気療養を理由として今月10日から休暇を取っており、調べに対しては「警官の身分で違反したことが発覚するのを恐れて逃げた」などと話しているという。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品