トヨタといすゞ、小型ディーゼルエンジンの共同開発と生産で合意

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車といすゞ自動車は、小型ディーゼルエンジンの開発及び生産・供給に関して業務提携を行うことで合意したと発表した。

両社は昨年11月に資本提携したのを機に、ディーゼルエンジンの開発、生産の分野における相互の経営資源の活用や、技術面の補完を図り、相互にシナジー効果を発揮する枠組み、協業案件の検討を進めていくことで合意した。

その後、業務提携の具体的な内容の合意をめざし、検討を進めて、今回、一定の合意に達した。

開発するエンジンは、欧州市場向けのトヨタ車への搭載を目的とした排気量1.6リットルクラスのアルミブロック製のエンジンで、両社はそれぞれが持つ技術力、ノウハウを相互に最大限に活用、競争力の高い小型ディーゼルエンジンを開発・生産する。

今後両社は、ディーゼルエンジンの開発及び生産・供給に関わる業務の詳細について検討に入る。

開発・生産はいすゞが主体で行うことを原則に進めていく。両社が共同開発するディーゼルエンジンは2012年頃に生産する予定。

また、両社は、長期的な相互の競争力強化と発展に向けた包括的な協業の枠組みを、今後、継続的に協議していくことも確認したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集