ロッシ、脱税疑惑にテレビで釈明

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

モトGP選手バレンティーノ・ロッシの脱税疑惑が、イタリアで話題となっている。事の発端は8日、ロッシの故郷・イタリア中部ペーザロの税務署が指摘したもの。

それによると、ロッシは2000年から2004年まで収入6000万ユーロ(約96億円)を申告せず、2500万ユーロ(約40億円)の税金を逃れたという。追徴金と合わせ、1億1200万ユーロ(約179億2000万円)をロッシに請求した。

ロッシは2000年、ロンドンにスポンサー契約の管理会社を設立しており、税務当局はロッシがこれを利用して脱税を行なっていたと指摘している。

それに対してロッシは、イタリアの主要テレビ各局に録画テープを送付。「たびたび起きるように、僕はしかるべき適切な調査が行われる前に、犠牲となり避難されてしまった。過去7年にわたってロンドンを居住地としているのは仕事の利便性のため。ここは税金逃れのための天国ではない」と反論する模様が、14日夜のテレビニュースで一斉に報道されたそのうえで「専門家を通じて、しかるべき対応をしてゆく」と述べた。

ただしペーザロの税務署は、すでに彼が所有するすべての車、ヨット、イタリアで加入している生命保険、さらには彼が通うスポーツジムまで調べを進めている模様だ。

イタリアでは、ビールや有力ネットプロバイダーなど、ロッシが出演する広告やテレビCMは多い。そうした立場だけに、一時的には単なる個人の脱税事件だけでは済まなくなる可能性はある。

しかし女優ソフィア・ローレンが80年代初頭に巨額脱税で逮捕されても人気が衰えなかったように、スターの脱税事件に比較的寛容な国民性ゆえ、ロッシ人気にも陰りは差さないだろうと思われる。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集