ホンダ、ブラジルでの二輪車生産累計が大台を突破

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、ブラジルでの二輪車事業の現地法人であるモトホンダ・ダ・アマゾニア・リミターダ(HDA)のブラジルでの二輪車生産累計台数が2007年8月に1000万台の大台を達成したと発表した。

達成を記念して、8月3日にマナウス工場で行われた式典には、地元自治体関係者や取引先の代表、ホンダの峯川尚南米本部長らが出席した。

ホンダは1975年にHDAを設立し、翌年に「CG125」の現地生産を開始、その後機種を拡大し、現在では16機種を生産し、年間生産能力は135万台で、今年末には150万台に増強を予定している。また、販売面ではブラジル独自の割賦販売システムを展開し、販売は順調に推移している。

ブラジルの二輪車市場は拡大傾向にあり、2006年の市場は前年比24%増の約127万台で、2007年には約155万台となる見通し。

ホンダの販売は、基幹機種である『CG150 TITAN』、『CG125 FAN』や『Biz125』が好調で、2006年実績は同22%増の102万台、2007年1-6月実績は64万台と高い伸びを示している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集