日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発

自動車 ニューモデル 新型車

日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発
  • 日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発
  • 日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発
  • 日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発
  • 日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発
  • 日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発
日産自動車は、飲酒運転を防止する機能を搭載したコンセプトカーを開発し公開した。今後、このコンセプトカーを使った技術開発と検証実験を進めていく。

同社では、飲酒運転を防止する機能の開発に積極的に取り組んでいて、エンジン始動時にカーナビ画面へ飲酒運転防止メッセージを表示させる機能を2007年6月から搭載開始したのに加え、ドライバーの呼気中のアルコール濃度が規定値を超える場合、エンジンを始動できないようにする装置について自治体と連携してトライアルを開始するなど、様々なアルコール検出手段と警報システムを技術開発している。

今回開発したコンセプトカーは、クルマがドライバーの状態を検出し、飲酒運転の可能性を判断した場合にドライバーへ警報する。

具体的には、シフトレバーに組み込んだアルコール臭気センサーにより、シフトレバーに触れた手の平の汗に含まれるアルコールを検出する。アルコールが検知された場合、音声とカーナビ画面への表示によってドライバーへ警報し、同時にシフトロックして運転できなくする。また、シート周辺に配置したアルコール臭気センサーにより、アルコール臭気を検知する。アルコールを検知した場合、音声とカーナビ画面に表示してドライバーへ警報する。

また、メーター内に装備したカメラによって、ドライバーの顔をモニターし、覚醒度を推定する。居眠り状態や飲酒運転の可能性があると判断した場合、音声とカーナビ画面への表示によって、ドライバーへ警報する。同時にシートベルトを巻き上げるなどして、より強く警報を行う。

このほか、車両の運転挙動を検出し、居眠り、脇見など、ドライバーの運転状態を評価し、飲酒運転の可能性があると判断した場合、音声とカーナビ画面への表示によって、ドライバーへ警報すると同時にシートベルトを巻き上げるなどして、より強く警報する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集