交通事故による経済的損失額は3兆3818億円…日本損保協会

自動車 ビジネス 企業動向

日本損害保険協会はこのほど、交通事故を経済的損失の観点から捉えた統計集「自動車保険データにみる交通事故の実態」の最新版(2005年4月−06年3月)を作成した。

同統計集は過去5年分のデータをCD-ROMに収録してあり、各種事故データの推移を追うことも可能で、交通事故防止・被害軽減のための研究や交通安全対策など、さまざまな分野で活用されている。

それによると、2005年度の交通事故による経済的損失額は3兆3818億円で、人身損失額が1兆5642億円、物的損失額が1兆8176億円となっている。この額は、大阪府の予算額(3兆2555億円)を上回るほどの巨額な数字だ。また、加害者の年齢別にみた加害者数・経済的損失額は20歳−30歳代が多い。

これから夏休みを迎え、クルマで旅行をする人も多いだろう。交通事故にはくれぐれも気をつけ、安全運転を願いたい。交通事故を起こすと、経済的損失も大きいことをお忘れなく。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集