富士機工、9月中間期業績見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

富士機工は、2007年9月中間期の連結業績見通しを下方修正した。

売上高は570億円を見込んでいたが、550億円に下方修正した。日産自動車の減産で、売上げが減少する見通し。

損益でも売上げが予想を下回るほか、事業拡大に備えた採用人員の増加と操業の低迷で、悪化する見通し。営業損益は2億円の赤字を見込んでいたが6億円の赤字に拡大する見込み。経常赤字も3億円から7億円、中間期損益も5億円の赤字から9億円の赤字に下方修正した。

通期業績予想は不確定要素があるため、従来予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集