長野日本無線、9月中間期の業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

長野日本無線は、2007年9月中間期の連結業績見通しを修正した。

売上高は170億円の見通しで前回発表したものを据え置いたものの。営業利益は5億円から5億5000万円、経常利益が2億2000万円から2億6000万円に上方修正した。中間期純利益も2億円から2億5000万円に上方修正した。

売上げは当初予想通り推移する見通しだが、コスト削減効果や円安による為替差益で、収益が予想を上回る見通しなため、見通しを修正した。通期業績見通しは不安定要素もあるため、据え置きとした。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集