海水浴帰りのワゴン車が正面衝突、家族4人死傷

自動車 社会 社会

23日午後、京都府京丹波町内の国道27号を走行中のワゴン車が対向車線側に逸脱。対向の大型トラックと正面衝突する事故が起きた。家族4人が乗っていたワゴン車は大破し、1人が死亡。3人が重軽傷を負っている。

京都府警・南丹署によると、事故が起きたのは23日の午後3時30分ごろ。京丹波町富田付近の国道27号を走行していた38歳女性の運転するワゴン車が対向車線側に逸脱、対向してきた大型トラックと正面衝突した。

ワゴン車は衝突によって大破。運転していた女性が全身を強打して収容先の病院で死亡。助手席に同乗していた39歳の男性と、後部座席に同乗していた11歳と7歳の女児が打撲などで重軽傷、トラックを運転していた43歳の男性も軽傷を負い、近くの病院で手当てを受けている。

現場は見通しの良い片側1車線の直線区間。ワゴン車に乗っていたのは家族で、海水浴帰りだったという。警察では漫然運転が事故の主因である可能性が高いとみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集