ホンダ第1四半期決算…売上げ、利益ともに過去最高

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ第1四半期決算…売上げ、利益ともに過去最高
  • ホンダ第1四半期決算…売上げ、利益ともに過去最高
ホンダが発表した2007年4−6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比12.7%増の2兆5997億円、営業利益が同8.9%増の2035億円となり、過去最高となった。

期中の新車売上げ台数はグローバルで同5.6%増の94万6000台だった。国内は同12.8%減の13万6000台と落ち込んだものの、アジアが同22.2%増の18万7000台となったほか、欧州が同29.6%増の9万2000台と大幅に伸びた。

北米も同2.0%増の46万5000台と順調だった。二輪車は同5.3%減の225万3000台と低迷したほか、汎用事業も低調だったが、四輪車が全体をカバーし、増収となった。

営業利益では、原材料価格の高騰で182億円、販売管理費などの増加で174億円、研究開発費負担の増加で252億円の減益要因があった。しかし、売上げの増加やモデルミックスの改善で285億円、為替差益が505億円の増益要因がこれをカバーし、大幅増益となった。

税引前利益も同14.1%増の1913億円、当期純利益が同15.8%増の1434億円と過去最高だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集