遮断機や警報機のない踏切で列車と衝突、クルマの3人死傷

自動車 社会 社会

16日夕方、千葉県市原市内の小湊鉄道線の踏切で、通過中の普通列車と乗用車が衝突する事故が起きた。クルマは大破し、一時車内に取り残された2人が死傷。運転していた男性は自力で車外に脱出したが軽傷を負った。遮断機や警報機は設置されていなかった。

千葉県警・市原署によると、事故が起きたのは16日の午後5時35分ごろ。市原市養老付近にある小湊鉄道線の踏切を渡ろうとした30歳男性が運転する乗用車と、通過中の下り普通列車(五井発/上総中野行き、2両編成)が衝突した。

クルマは列車に押し出されて大破。運転していた男性は打撲などの軽傷を負ったものの自力で車外に脱出。残る2人は一時車内に取り残された。地元消防が救出活動を行ったが、助手席に同乗していた46歳の女性が全身強打で死亡。後部座席に同乗していた30歳の男性が足などを打撲する軽傷を負った。列車には乗客乗員6人がいたが、ケガはなかった。

現場の踏切は遮断機や警報機が設置されていない。クルマ側から線路方向の視界はあまり良くないという。警察では列車接近に気がつかずに進入したことが事故の主因とみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集