曙ブレーキ、単元株式数を100株に変更

自動車 ビジネス 企業動向

曙ブレーキ工業は、10月1日から単元株式数を1000株から100株に引き下げると発表した。

単元株式を引き下げることで、個人を中心とする株主層の拡大と、株式の流動性の向上を図るのが狙い。

7月18日の同社株式の終値から算出した1投資単位の価格は90万5000円だが、仮に同じ株価で、単元株式数が100株に変更になると、9万500円で売買ができることになる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集