全日本スポーツカー耐久第3戦 7月21-22日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

この週末、21、22日は栃木県ツインリンクもてぎにて、全日本スポーツカー耐久選手権-ジャパン・ルマンチャレンジの第3戦「Japan Le Mans Challenge in MOTEGI」が開催される。

全日本スポーツカー耐久選手権は、別名ジャパン・ルマンチャレンジとあるように、ルマン24時間耐久レースを頂点とする耐久レースシリーズだ。ヨーロッパの「ルマン シリーズ」やアメリカの「アメリカン ルマン シリーズ」の日本版である。

ただしそれら2シリーズとは異なり、日本オリジナルルールを採用している。ルマンの車両レギュレーションに則ったレース専用のスポーツカー「LMP」クラスだけでなく、市販車を改造した「GTカー」クラスも参加できるのである。

第3戦の注目は、やはりトップカテゴリーのLMP-1の元F1ドライバー対決。野田英樹と中野信治が同じ土俵で戦う。野田は山崎信介をパートナーに、22号車「DUNLOP Zytek 05S」に搭乗。中野は黒沢治樹をパートナーに、16号車「無限 COURAGE LC70」に搭乗。

野田/山崎組が第2戦終了時点で10点と、4点の中野/黒沢組を大きくリードしているが、本家ルマン24時間から凱旋した中野の走りに期待がかかる。野田組がリタイアして中野組がチェッカーを受ければ、1点差となって最終戦にもつれ込む。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集