バイク強奪2人殺傷…首謀の男に懲役20年判決

自動車 社会 社会

昨年7月、滋賀県大津市内で走行中のバイクを奪おうと故意にクルマを衝突させる事故を起こし、2人を死傷させたとして強盗致死傷などの罪に問われた21歳の男に対する判決公判が10日、大津地裁で開かれた。裁判所は懲役20年を命じている。

問題の事件は2006年7月20日未明に発生した。大津市坂本5丁目付近の県道を走行していた20歳の男性が運転する2人乗りバイクに対し、後ろから走ってきた乗用車が追突した。バイクは大破し、同乗していた男性が死亡。運転していた男性も重傷を負った。

「クルマがバイクを執拗に追跡し、故意に衝突したようだ」との目撃情報もあり、警察ではクルマを運転していた20歳の男(当時)を道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕。当初は交通トラブルの疑いで調べを進めてきた。後の調べでクルマに乗っていた男たちは事故を故意に誘発し、バイクが転倒したところを狙って強奪する目的で追突を繰り返していたと判明したため、警察では強盗致死傷の容疑で逮捕。検察も同罪で起訴していた。

10日に行われた判決公判で、大津地裁の長井秀典裁判長は「襲撃に使う凶器を事前に用意したり、役割分担を決めておくなど強盗の計画性は明らか」と指摘した。その上で裁判長は「被告は首謀者として犯行を発案して仲間を誘うとともに、自らクルマを運転して犯行に及んだ。物欲を満たすため他人に危害を加えることをいとわない、悪質で自己中心的な犯行であり、その責任は際だって重い」として、被告に対して懲役20年の実刑判決を言い渡した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集