飲酒運転のクルマが赤信号を無視して交差点進入、3人重軽傷

自動車 社会 社会

8日早朝、宮崎県日南市内の国道222号で、信号無視をして交差点に進入してきた軽乗用車が交差道路を進行してきた乗用車と衝突。この乗用車が押し出され、対向車とも衝突する事故が起きた。クルマは逃走したが、警察は後に運転していた男を逮捕した。

宮崎県警・日南署によると、事故が起きたのは8日の午前5時10分ごろ。日南市吾田東9丁目付近の国道222号で、軽乗用車が赤信号を無視して交差点に進入。青信号に従って交差点に進入してきた64歳の女性が運転する乗用車と出会い頭に衝突した。女性のクルマは対向車線側に弾き飛ばされ、対向車線で右折待ちをしていた30歳男性が運転する軽乗用車とも衝突している。

衝突を繰り返した女性のクルマは大破し、胸などを強打して重体。右折待ちのクルマも中破し、乗っていた2人が骨折や打撲などの重軽傷を負った。信号を無視した軽乗用車はそのまま走り去ったが、前部が大破したクルマが逃げる様子を不審に思った人が追跡して警察に通報。58歳の男が事故から約1時間に自動車運転過失致傷や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕された。

男は酒に酔った状態で、呼気1リットルあたり0.5ミリグラムのアルコール分を検出している。警察では飲酒運転の発覚を恐れて逃走したものとみて、男を厳しく追及している。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品