サンエツ金属、新日東金属の事業買収で通期業績見通しを修正

自動車 ビジネス 企業動向

サンエツ金属は、2008年3月期の連結業績見通しを修正すると発表した。

今回の業績見通しは、住友軽金属の子会社の新日東金属の事業の譲渡を受けるため。

事業譲渡によって450億円を予想していた連結売上高は548億円に増える見通し。経常利益10億円、当期純利益6億円については、償却資産の減価償却費が新定率法の適用で、初年度に減価償却負担が大きいため、据え置きとしたが、来期以降は、売上げ増による利益も確保する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品