職務質問中にクルマを急発進 警官2人負傷

自動車 社会 社会

2日午後、東京都新宿区内の都道で、路上駐車していた不審車両を運転する男に職務質問していた警官2人がこのクルマにはねられて軽傷を負う事件が起きた。警察ではクルマを運転していた32歳の男を公務執行妨害の現行犯で逮捕している。

警視庁・新宿署、第2自動車警ら隊によると、事件が起きたのは2日の午後3時30分ごろ。新宿区西新宿付近の都道をパトロールしていた警ら隊のパトカーが路上に止まっていた不審な乗用車を発見。前部にパトカーを止めて走行を抑止し、運転していた男に職務質問を実施した。

男はこれに素直に応じたが、同隊に所属する33歳の巡査長が後部トランクを開けて内部のチェックをしていたところ、男は突然クルマをバックさせて巡査長をはねた。職務質問を行っていた32歳の巡査長は運転席側のドアに手を掛けた状態だったため、こちらも引きずられる状態となり、2人は打撲などの軽傷を負った。

職務質問を行っていた巡査長がキーを抜き、運転していた32歳の男を公務執行妨害の現行犯で逮捕した。男は取り調べには応じず、黙秘しているという。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品