ホンダ、インド第2工場建設に着手…年産15万台に向け

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、インドの現地法人、HSCI(ホンダシェルカーズインディア・リミテッド)が四輪車第2工場の地鎮祭を行い、建設を開始した。

第2工場は、デリーからは約70km、グレーターノイダにある既存工場からは約120km離れた、ラジャスタン州のタプカラ工業地域に位置する。

地鎮祭には、インドからNarpat Singh Rajviラジャスタン州産業大臣、日本の甘利明経済産業大臣、ホンダの青木哲会長らが参列した。

2009年末の稼動開始を計画しているインド第2工場の年産能力は6万台規模で、エンジン組立てからプレス、車体組立てまで全工程を行う一貫生産工場とする。第2工場の敷地面積は約240万平方メートルで、投資金額は約2億3000万米ドル(約276億円)。第2工場での生産モデルは、小型車を含む乗用車となる予定。

ホンダの既存工場の年産能力は、2007年中に5万台から10万台に増強する計画で、2010年には、インドでの生産能力は、第2工場と合わせて15万台を超える見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集