出口を通り過ぎて逆走、75歳男性死亡

自動車 社会 社会

26日夜、東京都八王子市内の中央自動車道上り線で、軽ワゴン車が八王子料金所の手前でUターンして本線を逆走。対向車2台と次々に衝突する事故が起きた。クルマは大破し、運転していた75歳の男性が死亡している。

警視庁・高速隊によると、事故が起きたのは26日の午後8時30分ごろ。八王子市宇津木町付近の中央自動車道上り線を軽ワゴン車が逆走。順走してきた乗用車2台と次々に衝突した。軽ワゴンは大破し、運転していた男性が骨盤骨折などが原因で死亡した。

死亡したのは埼玉県飯能市内に在住する75歳の男性と判明。クルマは八王子料金所手前でUターンし、約600m走行。八王子インターチェンジ出口を越えたあたりで衝突事故を起こしていた。

警察では出口を通り過ぎたことに気づいた男性がUターンを行い、戻ろうとした最中に事故を起こしたものとみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集