自動車輸出、22カ月連続増プラス…5月実績

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会が発表した5月の自動車輸出台数は、前年同月比5.1%増の48万2793台となり、22カ月連続でプラスとなった。

車種別では、乗用車が同5.5%増の43万1880台と、22カ月連続でプラスとなった。このうち、普通車は同12.8%増の32万5615台だった。小型車は同12.1%減の10万5974台と2ケタのマイナスだった。

トラックは横ばいの4万3009台だった。うち、普通車が同3.9%増の3万7202台、小型車が同19.6%減の5789台にとどまった。

バスは同12.2%増の7904台だった。

仕向け地別では、北米向けが同9.0%減と低迷したものの、アジア、欧州、中近東、中南米向けが好調で、特に欧州向けは同24.8%増となった。

輸出金額は、車両分が3億4841万ドル、部品分1億1890万ドルの合計4億6731万ドルとなり、前年同月と比べて3.8%減だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集