オートバックス、株主総会での議案提出を撤回

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは、27日開催の定時株主総会で、定款の一部変更の議案提出を撤回した。

株主の意向を勘案した結果、議案内容を再検討する必要があると判断したとしている。

同社は、定時株主総会で、公告の方法を電子公告に変更することと、国内外のM&Aを重要な戦略として位置づけ推進するため、機動的で迅速なM&A資金を調達するため、種類株式の定款の変更を議案提出する予定だった。

しかし、種類株式の定款の変更について株主の一部が反対したため、定款の変更を撤回したと見られる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集