家出? トラックを盗み出した14歳

自動車 社会 社会

山口県警は24日、山口県宇部市内にある会社の駐車場から普通トラックを盗み出し、これを運転しようとしていた14歳の少年を窃盗容疑で逮捕した。走り出してすぐに事故を起こしたため、トラックを乗り捨て、徒歩で逃走していた。

山口県警・宇部署によると、事件が起きたのは24日の午後11時ごろ。宇部市神原町2丁目付近の駐車場で、出入り口に設置されたポールに衝突した状態の普通トラックが放置されているのを近隣の住民が発見。警察に届け出た。

トラックは近くの会社が所有するものだったが、盗難されていたことが関係者の話から判明。警察では何者かが事故を起こしたトラックを乗り捨て、徒歩で逃走したものとみて、窃盗事件として周辺の捜索を開始した。

その結果、近くの市道で毛布を抱えた状態で徘徊している14歳の少年を発見。職務質問を実施したところ、トラックを盗み出した容疑を大筋で認めたことから、窃盗容疑で逮捕している。少年は調べに対して「盗んですぐに事故を起こした。どこかに行きたかった」などと話しており、詳しい動機について調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集