スズキ、セニアカー シリーズを一部改良

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ、セニアカー シリーズを一部改良
  • スズキ、セニアカー シリーズを一部改良
スズキは、電動車両『セニアカー』シリーズを一部改良して、21日より発売する。

セニアカーシリーズは、高齢者などが簡単な操作で乗ることのできるハンドル操作型の電動車いす。安全性への配慮に加え、取り扱いやすさや、豊富な機種構成で好評を得ている。

今回の一部改良では、四輪上級タイプの「ET4D」と四輪標準タイプの「ET4E」のモーター効率を改善したことで連続走行距離を伸ばした。ホイールにはホイールキャップが不要な一体成型を採用。また、コンパクトタイプの「タウンカート」に、従来の右アクセルレバーに左アクセルレバーを追加して左右アクセルレバーとするなど、機種ごとに安全性への配慮や使い勝手を向上させた。

年間販売目標台数:シリーズ合計1万台
メーカー希望小売価格:27万8000−36万8000円
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集