デンソー、カナダ工場を拡張

自動車 ビジネス 企業動向

デンソーは21日、カナダオンタリオ州の生産拠点を拡張すると発表した。冷却熱機器製品の需要増加に対応し、エンジンクーリングモジュールを生産する。09年1月に稼働する。

拡張するのは、デンソー・マニュファクチャリング・カナダ(DMCN)で、拡張規模は約2万平方メートル。拡張後の建物床面積は現在の3倍の約3万平方メートルになる。

これまでのエアコンユニットに加え、ラジエータ、コンデンサ、電動ファンと、これら3製品を一体化した、エンジンクーリングモジュールを生産する。7月に着工し、08年9月までに完成の予定。総投資額は6370万米ドル(約78億円)。拡張にともない、5月に2450万米ドル(約30億円)の増資を行った。

工場拡張にともない、従業員も増員する計画で、現在の290人から2010年には約2倍の590人にする。売上高は、06年度の1億2800万米ドル(約156億円)から、2010年度には、2億4000万米ドル(約293億円)に増加する見込み。

DMCNはデンソー100%%出資の子会社で、1972年に設立。エアコンユニットを生産している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集