ペダル踏み間違え、スーパーマーケットを直撃

自動車 社会 社会

16日午後、静岡県沼津市内のスーパーマーケット駐車場で、20歳の男性が運転する乗用車が暴走。店舗入口ドア付近に突っ込む事故が起きた。この事故で3人が骨折や打撲の重軽傷を負っている。

静岡県警・沼津署によると、事故が起きたのは16日の午後3時45分ごろ。沼津市松長付近にあるスーパーマーケット駐車場で、20歳の男性が運転する乗用車が急発進。そのまま暴走し、店舗入口ドア近くに突っ込んだ。

このドア付近には当時4人がいたが、70歳の男性と女性が直撃を受けて足の骨などを折る重傷。37歳の女性が転倒し、打撲などの軽傷を負っている。重傷を負った女性は孫である1歳の女児を抱いていたが、この女児にケガはなかった。警察ではクルマを運転していた男性から自動車運転過失傷害の容疑で事情を聞いている。

男性は店の入口に近い身障者用の駐車スペースにクルマを止めたが、店員に移動するように促された。クルマはこの直後に急発進しているが、運転していた男性は警察の調べに対して「パニックになった」などと話しているようだ。直接の原因はペダル踏み間違えとみられる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集