分離帯に激突、全身やけどで死亡

自動車 社会 社会

16日未明、大分県杵築市内の大分空港道路下り線で、走行中の乗用車が中央分離帯のガードレールに激突する事故が起きた。クルマは大破炎上。運転していた男性は全身にやけどを負い、収容先の病院で死亡している。飲酒運転が衝突の原因とみられている。

大分県警・高速隊によると、事故が起きたのは16日の午前3時5分ごろ。杵築市馬場尾付近の大分空港道路下り線で、走行中の乗用車が中央分離帯のガードレールに激突した。

クルマは大破炎上。運転していた27歳の男性はすぐに救出されて近くの病院に収容されたが、全身に重度のやけどを負っており、間もなく死亡している。

男性の血液からは酒気帯び相当量を超えるアルコール分を検出しており、半ば蛇行するような状態で走行していたとみられることから、死亡した男性が酒に酔っていた可能性が高いとみて、被疑者死亡のまま道路交通法違反(酒気帯び運転)で書類送検する方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集