自転車ひき逃げ事故、自動車運転過失容疑で逮捕

自動車 社会 社会

15日朝、徳島県徳島市内の市道で乗用車と自転車が出会い頭に衝突する事故が起きた。自転車の男子高校生は転倒した際に軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走。警察では後に22歳の男を自動車運転過失傷害などの容疑で逮捕している。

徳島県警・徳島北署によると、事故が起きたのは15日の午前7時50分ごろ。徳島市川内町付近の市道交差点で、16歳の男子高校生が乗った自転車と、交差道路を進行してきた乗用車が出会い頭に衝突した。自転車は転倒し、男子高校生は頭などを打つ軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走した。

警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始。目撃情報などから22歳の男を容疑者として自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕している。

現場は見通しの良い交差点。警察では脇見などが原因とみている。自動車運転過失容疑の適用は徳島県内で初となる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集