ホンダ、環境負荷低減目標を公表 2010年度の国内事業活動

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは13日、国内事業活動における2010年度環境負荷低減目標を公表した。エネルギー・地球温暖化対策として、新たに、物流CO2(二酸化炭素)を06年度比で、売上高当たりで10%低減する目標などを掲げた。

輸送会社のトラックのエコドライブ、鉄道や船輸送への切り替えの拡大、物流拠点の集約による輸送距離短縮などで輸送効率を高める。

このほか、四輪生産工場での塗装VOC(揮発性有機化合物)排出量を塗装面積当たり2000年度比で35%低減する。水性塗装の推進や、塗着効率向上など、効率化・ロス低減を徹底する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集