「欲しいバイクだから…」と盗んだ私立高校教員を逮捕

自動車 社会 社会

群馬県警は10日、営業中のバイクショップから店頭に陳列されていたバイク1台を盗み出したとして、54歳の私立高校教員の男を窃盗容疑で逮捕した。「欲しいバイクだから盗んだ」などと供述しているという。

群馬県警・安中署によると、事件が起きたのは10日の午後3時15分ごろ。安中市内にあるバイク販売店から「商品のバイクを盗み、持ち去ろうとしていた男を確保した」との通報が警察に寄せられた。現場に駆けつけた同署員が被害を確認。店主の男性から引渡しを受けた54歳の男を窃盗の現行犯で逮捕した。

後の調べで、逮捕された男は私立高校の教員であることが判明している。男はこの店を訪れ、店頭に展示されていたホンダ製の中古バイク(時価約23万円)を自分が乗ってきたRVに積み込もうとしていたところを店主に発見された。

調べに対して男は「欲しいバイクなので盗んでしまった」などと供述している。警察では計画的な犯行の可能性もあるとみて、男を厳しく追及している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集