国道2号トンネル内で多重衝突

5日午後、山口県山陽小野田市内の国道2号・埴生バイパスのトンネル内で、走行中の乗用車が対向車線に逸脱。対向車線を順走してきた普通トラックと衝突する事故が起きた。後続車も追突し、車両4台が関係する多重衝突事故に発展した。

自動車 社会 社会
5日午後、山口県山陽小野田市内の国道2号・埴生バイパスのトンネル内で、走行中の乗用車が対向車線に逸脱。対向車線を順走してきた普通トラックと衝突する事故が起きた。ブレーキが間に合わなかった後続車も追突。車両4台が関係する多重衝突事故に発展した。

山口県警・厚狭署によると、事故が起きたのは5日の午後3時55分ごろ。山陽小野田市埴生付近の国道2号・埴生バイパスのトンネル内を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。順走してきた普通トラックと衝突した。双方のクルマはトンネル中央部で立ち往生したが、ブレーキが間に合わなかった後続の乗用車などが衝突。クルマ4台が関係する多重衝突事故に発展した。

この事故で最初に事故を起こした乗用車に乗っていた2人と、トラックを運転していた1人が打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されて手当てを受けている。

現場は片側1車線の対面通行区間。警察では乗用車のハンドル操作ミスが逸脱の原因とみて、運転していた30歳の男性から業務上過失傷害などの容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集