マツダ、ITS実証実験に参加 広島

自動車 テクノロジー ITS

マツダは、ITSを活用した安全運転支援の普及を図るため、2007年秋から広島地区で実施される公道実証実験に参加すると発表した。

マツダは今回参加する公道実証実験でITS対応型ナビゲーションシステムの開発を担当し、数十台のマツダ車に搭載してデータの収集・分析を実施する。

また、道路に設置されたセンサーやカメラなどから情報を受信しドライバーに情報提供をするインフラ協調安全運転支援システムも開発する。

マツダが参加する公道実証実験は、広島の産学官からなる「広島地区ITS公道実証実験連絡協議会」が実施する。同協議会は、2007−08年度にかけて最新のITS技術の公道実証実験を進めるとともに、将来的には全国への波及も見据えた活動を行う。

広島市周辺は、路面電車と自動車が共存していることや交通が錯綜していること、平野部と山岳部との距離が短く、気象・路面状況が変化しやすいなどの特徴があり、公道実証実験で様々なケースのデータ収集を行うことが可能。

実験では、渋滞末尾情報提供システムや速度注意喚起システム、信号待ち車両への追突防止システム、出会い頭衝突防止支援システムなどに取り組む。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集