本四連絡道の「与島PA Uタ−ン割引」が終了 夏・秋にも実施

自動車 テクノロジー ITS

本州四国連絡高速道路が4月1日−5月31日の間実施していた、瀬戸中央自動車道の企画割引「与島PA Uターン割引」を5月31日で終了した。その間の与島PA Uターン交通量は1万4999台。

同割引企画が始まる前の対2005年度同月期比で2.3倍の交通量。うち 普通車1万1440台、軽自動車等 3559台だった。

与島PA Uターン割引は、瀬戸中央自動車道の(1)本州側各ICから与島PAを経由し本州側各ICまでを利用した場合、(2)四国側各ICから与島PAを経由し四国側各ICまでを利用した場合、往路と復路で重複する区間を通常の料金の50%で利用できる。ETC特別割引とマイレージ割引併用では最大59%となる。

本州四国連絡高速道路では、与島PA Uターン割引を夏期(7月1日−8月31日)、秋期(10月1日−11月30日)に実施する予定としている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集