逮捕されたくてパトカーに投石

自動車 社会 社会

5月31日早朝、栃木県小山市内にある栃木県警・小山署で、署内の駐車場に侵入した男が駐車中のパトカーに石を投げつけ、ガラスなどを破損させる事件が起きた。警察では46歳の男を器物損壊の現行犯で逮捕している。逮捕されることを目的として犯行に及んだとみられている。

同署によると、事件が起きたのは5月31日の午前5時ごろ。同署員が市内で発生した事故の処理を終えて署内の駐車場に戻ってきたところ、駐車中のパトカー2台に向けて投石している不審な男を発見した。

男は警官の制止を無視して石を投げ続け、フロントガラスを破損させたことから身柄を拘束。器物損壊の現行犯で逮捕した。

逮捕されたのは46歳の男。調べに対して「内臓の調子が悪いが、病院に行くカネがない」と供述。「刑務所に行けば治療が受けられると思い、パトカーを壊した」などと話し、医療刑務所へ入れることを要求しているという。逮捕時の所持金は110円だった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集