日産ディーゼル、ボルボの子会社化にともない決算期を変更

自動車 ビジネス 企業動向

日産ディーゼル工業は、決算期を現在の3月31日から12月31日に変更すると発表した。6月21日に開催する定時株主総会で決定する。

親会社のボルボとマネージメントサイクルを統一するため、ボルボの決算期に合わせる。経過期間となる今期(第83期)は、4月1日から12月31日までの9カ月決算となる。

同社の発行済み普通株式は、ボルボの100%出資子会社であるエヌエーが96.06%を所有しており、7月末には上場廃止となる予定。このため12月期業績見通しは公表しない、としている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集