歩道橋からクルマに鍋を投げつけた男を逮捕

自動車 社会 社会

岡山県警は24日、岡山県岡山市内の市道に架かる歩道橋の上から鍋などを放り投げ、下を走るクルマに危険を与えたとして、34歳のホームレスの男を道路交通法違反(禁止行為)の現行犯で逮捕した。

岡山県警・岡山南署によると、事件が起きたのは24日の午前10時10分ごろ。岡山市新保付近の市道を通り掛ったクルマの運転者から「何者かが歩道橋の上から物を投げていて危ない」といった内容の110番通報が寄せられた。

同署員が現場に急行し、歩道橋から道路に向かって鍋やペットボトルなどを投げつけている男を発見。その場で身柄を取り押さえ、道交法違反の現行犯で逮捕している。逮捕されたのは歩道橋の上で寝泊りしていた34歳のホームレスの男。

調べに対して男は「クルマの騒音がうるさくて眠れず、むしゃくしゃしてやった」などと話しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集