漫然運転のトレーラー、多重事故を起こす

自動車 社会 社会

23日未明、奈良県天理市内の西名阪自動車道上り線で、走行中の大型トレーラーが前を走る普通トラックに追突。このトラックがさらに前を走る高速バスに追突するなど車両3台が関係する多重衝突事故に発展した。この事故で5人が軽傷を負っている。

奈良県警・高速隊によると、事故が起きたのは23日の午前2時25分ごろ。天理市櫟本町付近の西名阪道上り線で、第1車線(走行車線)を走行していた大型トレーラーが前を走る普通トラックに追突。このトラックが第2車線(追越車線)に押し出され、相模鉄道バスが運行する夜行高速バスに追突するなど、車両3台が関係する多重衝突事故に発展した。

大型トレーラーは大破炎上するともに、積荷の鋼材が周囲に散乱。バスは押し出された弾みで道路右側の側壁に衝突して中破。バスの乗客と運転手、トラックとトレーラーの運転手の合わせて4人が打撲などの軽傷を負っている。

現場は見通しの良い直線区間。警察ではトレーラーの漫然運転が事故原因とみて、運転していた47歳の男性から業務上過失傷害容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集