対向車線側に逸脱、4人重軽傷

21日未明、愛知県名古屋市緑区内の国道1号で、走行中の乗用車が対向車線側に逸脱。道路右側の歩道に乗り上げて自転車と衝突。さらに対向車線を逆走し、大型トラックと正面衝突した。この事故で乗用車の3人が重軽傷、自転車に乗っていた人も軽傷を負った。

自動車 社会 社会
21日未明、愛知県名古屋市緑区内の国道1号で、走行中の乗用車が対向車線側に逸脱。道路右側の歩道に乗り上げて自転車と衝突。さらに対向車線を逆走し、大型トラックと正面衝突した。この事故で乗用車の3人が重軽傷、自転車に乗っていた人も軽傷を負った。

愛知県警・緑署によると、事故が起きたのは21日の午前1時10分ごろ。名古屋市緑区鳴海町大将ケ根付近の国道1号を走行していた19歳の男性が運転する乗用車が対向車線側に逸脱。そのまま道路右側の歩道に乗り上げ、進行してきた28歳の男性が乗る自転車に追突した。クルマはハンドルを切って車道に戻ったが、そのまま対向車線を逆走。順走してきた52歳の男性が運転する大型トラックと正面衝突している。

クルマは大破。助手席に同乗していた16歳の女性が頭を強打して意識不明の重体。運転していた男性と、後部座席に同乗していた19歳の男性が打撲などの軽傷。自転車の男性も転倒した際に手足を打撲する軽傷を負い、いずれも近くの病院に収容されて手当てを受けている。トラックの運転手にケガは無かった。

現場は片側1車線の直線区間。乗用車を運転していた男性は「気がついたら事故を起こしていた」と話しており、警察では居眠り運転の可能性が高いとして、この男性から業務上過失傷害の容疑で事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集