トヨタ、ブラジルでFFV発表…バイオエタノール対応

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ、ブラジルでFFV発表…バイオエタノール対応
  • トヨタ、ブラジルでFFV発表…バイオエタノール対応
  • トヨタ、ブラジルでFFV発表…バイオエタノール対応
  • トヨタ、ブラジルでFFV発表…バイオエタノール対応
トヨタ自動車は、ブラジルの製造・販売子会社であるブラジルトヨタが、バイオエタノール混合率100%燃料にも対応する、『カローラFlex』および『カローラフィールダーFlex』を製造し、25日から市場投入すると発表した。

カローラFlexとカローラフィールダーFlexは、現在販売されている1.8リッターガソリンエンジンのカローラ及びカローラフィールダーをベースに、燃料系及びエンジン本体の仕様を変更したもので、動力性能は1.8リッターガソリンエンジン車と同等以上のものとなっているとしている。

トヨタは、各国・各地域毎のインフラ状況や顧客ニーズに沿った、「適時・適地・適車」の考え方のもとで、環境対応技術の開発とエコカーの展開を推進している。

ブラジルにカローラFlexおよびカローラフィールダーFlexを導入するのは、ブラジル市場ではバイオエタノール燃料が広く普及しているとともにブラジルでは、ガソリン価格の高騰の影響でFFV(ガソリン・エタノール混合燃料車)が市場の主流を占めているためだ。

現在、トヨタは、世界各地で生産している全てのガソリンエンジン車でバイオエタノール混合率10%燃料を使用することを可能としているが、混合率100%にも対応する車両を市場投入するのは、今回のブラジルが初めて。

月間販売目標はカローラが2500台、フィールダーが750台。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース