互いの接近に気がつかず? 出会い頭で1人死亡

18日夜、愛知県岡崎市内の市道を走行していたバイクと軽乗用車が交差点で出会い頭に衝突する事故が起きた。バイクは衝突の弾みで転倒。運転していた男性が死亡している。互いの距離感を喪失するコリジョンコース現象が事故原因と推測されている。

自動車 社会 社会
18日夜、愛知県岡崎市内の市道を走行していたバイクと軽乗用車が交差点で出会い頭に衝突する事故が起きた。バイクは衝突の弾みで転倒。運転していた男性が死亡している。互いの距離感を喪失するコリジョンコース現象が事故原因と推測されている。

愛知県警・岡崎署によると、事故が起きたのは18日の午後9時40分ごろ。岡崎市橋目町付近の市道交差点で、33歳の男性が運転するバイクと、49歳の女性が運転する軽乗用車が出会い頭に衝突した。

バイクは衝突の弾みで転倒。運転していた男性は路上に叩きつけられて全身を強打。近くの病院に収容されたが、出血性ショックが原因で間もなく死亡している。クルマを運転していた女性にケガは無かった。警察ではクルマを運転していた女性から業務上過失致死容疑で事情を聞いている。

現場は水田の中にある見通しの良い交差点だが、街灯は少なめ。警察では双方が同速度で接近した結果、互いの距離感を喪失して衝突に至るコリジョンコース現象(十勝型事故)が原因ではないかとみて調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集