オートバックス、期末配当を増配へ

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは、2007年3月期の期末の配当金を1株当たり30円に増配すると発表した。

同社は昨年11月に発表した期末配当金の予想は28円だったが、2円増配して30円とする。前年実績と比べても4円の増配となる。

1株当たり30円の配当で、配当金の総額は11億4700万円となる。

同社の2006年3月期の連結決算は最終損益が増益だった。同社は株主に対する利益還元を経営の最重要課題の一つと認識、業績を勘案して増配するとしている。

中間期の配当金と合わせた年間配当金は1株当たり58円となり、前年と比べて6円の増配となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集