トヨタ渡辺社長「連結配当性向3割を早期に達成したい」

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ渡辺社長「連結配当性向3割を早期に達成したい」
  • トヨタ渡辺社長「連結配当性向3割を早期に達成したい」
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は9日の決算発表会見で、今後の株式配当について「目標とする連結配当性向30%を早期に達成したい」と強調した。

トヨタは9日の取締役会で、前期(07年3月期)の期末配当方針を前期比で15円増配となる1株70円と決めた。年配当では30円増配の120円となった。前期の配当総額は3846億円で、連結配当性向は前々期を2.1ポイント上回る23.4%になる。

渡辺社長は昨年の決算発表時に配当性向30%の目標を掲げてており、今回、継続的な増配方針を改めて示した。

一方、もうひとつの株主還元である自社株買いについても、6月下旬の株主総会に2500億円の授権枠を諮る方針。

渡辺社長は「株式の需給悪化リスクはほぼ解消したが、自己株買いは今後も継続していく」との方針を明らかにした。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集