んー、泊まってみたい。ピニンファリーナのホテル

イタリアの代表的カロッツェリアとして知られるピニンファリーナが、このほどホテルのデザインを担当した。これは、米国サンディエゴに3月末開業した『ケーティング・ホテル』。

自動車 ニューモデル 新型車
んー、泊まってみたい。ピニンファリーナのホテル
  • んー、泊まってみたい。ピニンファリーナのホテル
  • んー、泊まってみたい。ピニンファリーナのホテル
  • んー、泊まってみたい。ピニンファリーナのホテル
  • んー、泊まってみたい。ピニンファリーナのホテル
  • んー、泊まってみたい。ピニンファリーナのホテル
イタリアの代表的カロッツェリアとして知られるピニンファリーナが、このほどホテルのデザインを担当した。これは、米国サンディエゴに3月末開業した『ケーティング・ホテル』。

19世紀末に建設された地上4階の建物を、ピニンファリーナで非自動車部門デザインを担当する子会社『ピニンファリーナ・エクストラ』(PE)が改装した。

 全35室・72人収容の客室には、ヤクッツィ製ジェットバス、ラヴァッツァ社製エスプレッソ・マシーンなど、これまでPEが手がけたイタリア製品がふんだんに採り入れられている。

ワインセラーのリストはPE社長パオロ・ピニンファリーナ監修によるもので、ピニンファリーナの本拠地、伊ピエモンテ州の産品を中心にセレクトされている。その中には、PE社がボトルをデザインしたスパークリングワイン『ガンチャ』も含まれている。

宿泊料金は5月で、1室(2名まで)329ドル=約4万円から。

ただし、ピニンファリーナといえばフェラーリ。そのフェラーリは、北米が世界ナンバーワンの市場(以下ドイツ、英国、イタリアの順)である。特にホテルのある西海岸は、米国内でも伝統的な有力市場だ。したがって、このホテルがフェラリスタたちの“指定旅館”となるのに、そう時間はかからないだろう。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集