ブランド別新車登録、トヨタがシェア1ポイントダウン…4月

自動車 ビジネス 企業動向

ブランド別新車登録、トヨタがシェア1ポイントダウン…4月
  • ブランド別新車登録、トヨタがシェア1ポイントダウン…4月
  • ブランド別新車登録、トヨタがシェア1ポイントダウン…4月
日本自動車販売協会連合会が発表した4月のブランド別新車登録台数によると、ホンダ、三菱自動車、レクサスを除く全ブランド2ケタのマイナスとなった。

特にトヨタは前年同月比12.3%減の10万3180台で、シェアも1.1ポイントダウンの47.3%だった。日産は同10.6%減の3万990台、マツダも同12.9%減の1万1926台と低迷している。スズキも同10.0%減の5240台だった。

特にマイナス幅が大きかったのがトラックブランドで、いすゞが同21.9%減の4262台と落ち込んだほか、三菱ふそうも同18.2%減の4052台、日野も同31.2%減の2206台、日産ディーゼルが同37.2%減の528台と、4社とも大幅マイナスだった。

一方、ホンダは、『ストリーム』や『CR-V』などが順調で同3.8%増の2万9759台と、日産に迫った。三菱自動車は『デリカD:5』が伸びて同18.8%増の5014台だった。レクサスは同21.0%増の2456台。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集